【銀座みゆき通り美容外科】鼻プロテのカウンセリングを受けてきました

銀座みゆき通り美容外科
スポンサーリンク

目次

銀座みゆき通り美容外科のカウンセリング報告

こんにちは。ふわりです。

色々あって、外見に固執している32才です。特に顔。正直に言って今現在の顔は、いたって「普通」なのですが、少しでも「綺麗」とか「かわいい」になりたくて、鼻の整形のためにジタバタしています。

まずは情報収集!

ということで、早速カウンセリングに行ってきました。

カウンセリング

銀座みゆき通り美容外科の特徴

  • プロテーゼはその人に合わせて全て手作りで作っている
  • 軟骨の形やカーブに合わせて形を作るので、そのために「皮膚」と「骨」が同時に映る特殊なレントゲンを使用している
  • (当院では鼻のプロテはこの先生しか作っていない)手術は担当医医制なので、カウンセリングを受けた先生に担当してもらえる

治療の流れ

  1. カウンセリング
  2. ヒアルロン酸分解
  3. レントゲン撮影
  4. 希望のデザイン打ち合わせ
  5. 手術 

特殊なレントゲン

現状をより具体的・正確に把握するためにレントゲン撮影を行います。

今回、私は話だけ聞きにいったのでレントゲンは撮りませんでした。カウセ予約の際に、受付の方から撮影するかどうか聞かれるので、予算・時間・都合に合わせて選ぶと良いでしょう。

ちなみに、私は過去に2回のヒアルロン酸注入と1回レディエッセを注入しています。

ヒアルロン酸は分解できますが、レディエッセは分解できないのでレントゲンに残像があった場合、どこにどう残っているかというのをレントゲンで把握することができます。

状況によっては、手術はしないほうが良い場合もあるので事前に把握するためにも大切です。

鼻に注入系の施術をしたことのある人

レントゲンで「ヒアルロン酸」も映る?

ヒアルロン酸は皮膚の色と変わらないので、レントゲンには映りません。

妙に皮膚が分厚くて変だなという違和感が映りますので、それを見た時は「入っていますか?」と尋ねます。

患者さんは「何年前に入れたから、消えたと思っていた」というケースもあります。レントゲンを見慣れてるので、だいたい見るとわかります。

どれくらい前にヒアルロン酸を分解しておくべき?

分解時の腫れが出てしまうと、判断ミスが起こりかねないので理想は1週間あけておきたいですね。

3~4日でも可能なのですが、理想としては1週間あるとよいでしょう。

一番良いのは、ヒアルロン酸分解=>レントゲン撮影=>希望のデザイン打ち合わせ=>手術 という流れです。

レディエッセの場合

レディエッセが残っているとどんな弊害がある?

プロテは骨の上に入れるので、一番深くに入ります。レディエッセはその上に注入されているので、レディエッセが入っているとすれば、そのまま上にもちあげられます。

そのままであればレディエッセは皮膚の内部に埋もれているだけですが、プロテが入ると持ち上げられることで表面がボコボコになる可能性がでてきます。

なぜなら、レディエッセが均一に入っているとは限らないからです。
皮膚の中に入っているので、多少ムラになっていても凸凹しないので、わからない場合があります。

そういった場合は、およそ触診でわかることが多いそうです。

レディエッセはレントゲンに映るので、レディエッセが白く不均一に入っているなど「プロテを入れたはいいが、表面が凸凹して結局入れなきゃよかった!!」という状況を防ぐためにも事前に予測するのは大切。

レディエッセは完全に分解される?

分解されるといわれていますが、かなり長く残る人もいます。レントゲンに映らない程度であればプロテを入れても大丈夫。

レディエッセは、一般的に2年ほどで吸収されるといわれていますが、私は2015年の1月に0.3cc鼻筋に注入して、2017年5月現在もまだ若干残っています。

プロテをするなら、レディエッセは入れないほうが良い?

そうですね。注入だけでいきたい方向けにあるものなので、プロテを将来的に検討する人は本来入れないほうが良いでしょう。

注入系でも、繰り返していると皮膚がストレッチ(伸びてしまう)ことはある?

たるむほど皮膚が伸びてしまうことはないでしょう。

デザインを決める方法

ぼんやり「自分のなりたい鼻」のイメージとしてはあるが、自信がない

「なりたい鼻」と「似合う鼻」が必ずしも一致しないように、初めてのプロテで仕上がりが不安なところ。

打ち合わせ方法は2つ。

1つめは、

レントゲンだと側面の皮膚の輪郭も写真に映るので、どのくらいの高さに設定するか・なりたいラインを先生と相談しながら決めていく。

2つめは、

お金が割高になりますが、手術の前に再度ヒアルロン酸を注入する。

納得する形になるまで、打ち合わせで注入してこの鼻筋の高さなら納得できるという所まで達したところで写真を撮り、その後ヒアルロン酸を全部分解します。

その写真をスキャンすればパソコンで、高さなどの情報が得られるのでこれを元にプロテを作成します。

ただし、この2つめの方法は、入れるお金・分解するお金と、時間が必要です。こだわる人は、この方法を事前に行うそうです。

どの方法であれ、「モデルのこの人の鼻の形が好きです」といったように写真などを持ち寄ってイメージをドクターと共有します。

なりたい顔・鼻の女優さんの写真を持ってくることで、(その通りの鼻にできるわけではないですが)その人の好みがわかるのでドクターとイメージの共有ができるようになるため、ドクターにも患者さんにとっても良い方法です。

写真は次回のレントゲン撮影の時までに、持参すると良いそうです。

デザインについて、高さはもちろん鼻根部の太さにも好みがそれぞれ違います。

鼻筋がすっと光が入るような細い鼻が好みの人と、自然な太さが好みの人。場合によっては手術したってばれるかもしれないけど、太目が好きなひとなどの好み、など色々です。

特にオーダーがなければ骨幅にあった標準的な太さにしてくれます。

いろんなリクエストがあれば、それに応じてプロテを作ってくれますし、ゼロからつくるのでなんでも大丈夫だそうです。

I型プロテーゼ

I型プロテを使用するので、鼻の先端までの形成はできません。
I型で仮に先端まで届くと、鼻先の形が美しくないからです。

鼻の先端の高さが低いひとは、耳軟骨を入れたり入れたり鼻先を高くする別の手術を行ったりします。

将来のリスクを考えると鼻先には、プロテをいれないほうが良いでしょう。

プロテは半永久?入れ替え必要な場合ある?

そうですね。半永久的と言えます。

プロテも物ですからあるとすれば、「石灰化」という現象が20~30年で起きるといわれています。

以前よりはプロテも改良されているのでおきにくと考えていますが、起こる可能性があります。

ただし、この「石灰化」は全員が起きるわけではなく、「起きる人もいる」ということです。

といっても、何か害があるわけではなく、レントゲンに映りやすくなったり、その石灰化がすごく起こる人は、触るとその部分がボコボコしたり。

その部分にこわばりや痛みを感じたりといった場合もあります。
そこまでいくひとは取り除いたほうがよいでしょう。そこまでいく人はなかなかいませんが…。

プロテを入れて、その後また抜いた人は、L型を入れて鼻先の皮膚が薄くなってきた、上を向いてきたから、あるいは、入れていることが心理的につらくて不安だから取る、などの理由が多いです。

I型の場合で、しっかりと入っている場合は特に見受けられませんが、

よほど分厚いプロテを入れていた際に、年をとるにつれプロテの輪郭が(今までは見えていなかったが)見えてくるようになったりもしますので、分厚いプロテは入れない方がよいでしょうね。

薄いプロテの場合は大丈夫でしょう。

プロテーゼの厚さについて

何ミリのプロテーゼを入れるか

プロテの強度を考えた時に、やなり2ミリは欲しい。

2ミリの厚みがないと、ゆがんでしまいます。1ミリを希望された場合、変化も少ないし歪むリスクも高いので2ミリ以上入れるのがプロテの条件と言えるでしょう。

3ミリって「分厚い」の?

3ミリは「標準」ですね。

4ミリだと、やや厚め、5ミリだと分厚いけどギリギリセーフ。
6ミリを超えると皮膚がストレッチしちゃうので、若いうちはよくても将来的にわかりませんよ、という点を了承の上手術をしてもらわないといけません。

自分の鼻について質問してみた

私は何ミリ程度のプロテが良さそうか

2ミリから、頑張って3ミリくらいですね。それ以上やると、やりすぎになっちゃいますから。
今もそんなに低いわけじゃないですよ。

ただ、もしかして今現在も注入物が入っているかもしれないので分解してヒアルロン酸が減ったら、3ミリ以上必要な場合もあるかもしれませんが今のところ2ミリでしょう。

今の私の鼻って、太め?

(触診してもらいました)

普通です。すごく細くもないけど、大きく広がってもいないそうです。
あとは注入剤の厚みがなんとなくある気がするので、事前に分解のお薬を打ったほうがよさそうですね。

分解の注射は、手術当日でもできなくはないですが、事前に済ませておくことをおすすめします。

当日は何もない状態を把握した上で手術をした方が良いでしょう。

先生が一番気にするのは、鼻筋の出始め

鼻筋の「光」がどこから出始めるか、というところをみると、凹んでいる部分は暗くみえるが、鼻根から下に向かうにつれて光っている部分があります。

このポイントが、今あなたの場合は(私の場合)ちょうど瞳孔あたりにありますね。

これがまつ毛の高さくらいから出ると、そこそこ高くてキレイな鼻。
これよりちょっとでも上がると、日本人にはやりすぎの鼻になります。

なるべく高くしたいという人は、目をパチッと見開いた時のまつ毛の高さから鼻筋を出しますし、ちょっと控えめが良い、という人はまつ毛と瞳孔の間くらいから出すように作ります。

それに必要な高さが何ミリかを計測し、あとは鼻先を高くしていく手術をする場合は、鼻先の手術と合わせて行います。

鼻先は、もう少し高く形を整える必要がある?

客観的なドクターのアドバイスが欲しかったので、自分の鼻先の高さや形について質問してみました。

すると、以下の回答をもらえました。

特に高くしたいという希望がない限り、今でもキレイな形をしているので(先生、ありがとう・・・)このままプロテで自然に高さを出すだけでよさそうとのこと。

ちょっと丸いのが気になっているのですが。

別に団子鼻ではないですよ。キレイな形です。

話はそれますが、自分の「人中」が深いのが気になっています。

人中(じんちゅう)とは、鼻の下のすじのこと。

生まれつきでしょうけど、これは治す良い方法はありません。
以前、注入でリクエストに応じて治療を行いましたがあまり良い結果ではなく結局分解して終わりました。

それ以来、そういったご相談を受けても良い結果が見つからないですね。

入れたときは、そこそこ良いのですが、すぐあと戻りしてしまってそれなのに注入物が残ってると、そこがもこっと膨れたような感じになるので、その方はそれが気になって分解されました。

鼻の形を決定するまでの打ち合わせで、先生からの客観的な意見が欲しいのですが。

それはレントゲン写真を見ながら、具体的に話をできます。

シュミレーション画像を作るようなソフトは当院にはないので、使いません。
シュミレーション画像も、実際の仕上がりと違うことが多いので、イメージをお見せして、あとでトラブルになることもあり、使用していません。

感染症のリスク

ゼロではないけど、手術の時に起きた感染症は経験がない。つまりゼロ。
手術後に起きた感染症は、過去20年間で2人。

感染症にかかるのは、運次第?

そうですね。滅多にないけれども、たまたま粘膜から傷が入ってプロテのところまで行ってしまったとか、
にきびが出来てしまったとか。

感染症にかかった場合は、どうする?

プロテを抜きます。抜かないと治らないからです。
逆に抜くとすぐ直りますよ。抜いて抗生物質を飲んでいると、3~4日もすれば腫れもひいて一度治ったところで、おさまったところでないと再手術できないので1か月くらいはお休みします。そのあと再手術すればもとに戻せます。

プロテは抜いたときも腫れる?

抜くことでは、ほとんど腫れません。
腫れるだけ腫れてから来院された場合は、その腫れがひくまでに日数がかかります。
抜くとすみやかに腫れがおちつきます。

手術後のダウンタイム

手術のダウンタイムは1週間くらい。
目元の皮膚は薄いので、まだ腫れている人もいます。2週間くらいすると、腫れがほとんどひきますけど
1週間ほどでも、およその腫れはひくでしょう。

手術が終わったら、テーピングをして帰るのですか?

はい。

何もしないと腫れが目に広がってしまうので、腫れ防止のために、目と目の間に3本くらい固定のテーピングをします。

右の鼻の穴に2日間、鼻血の時のような詰め物(綿のわた)を入れます。
テープはできたら4日間くらいとらずに固定していてもらいたいです。

4日以上過ぎた時点で、自分ではがしておわり。1週間腫れるひとは1週間はってください。
そんなに剥がれるものではないので、基本貼りっぱなしで大丈夫です。

溶ける糸で縫合しているので、抜糸は必要ありません。
検診の希望があれば、検診を行います。プロテは何か問題を感じた場合は、必ず来てください。
なければそのままでも結構です。

プロテを入れてからの生活で気を付けるべきこと

受けられなくなるレーザーなど美容治療について

特にありませんね。あるとしたらサーマクールなどでしょうか。
ただし、サーマクールは鼻筋には当てないものなので、どちらにせよ関係ありません。
MRIたCT検査も受けられます。ただし、MRI・CTなどの断層検査はプロテが映るので、体内にプロテが入っていることはバレます。

他に患者さんから質問を受けることはありますか?

よく「光りませんか?」と聞かれますが、光りません。

予約

春は予約が込み合いますか?

うちはそもそも先まで予約をとることをしてないので、1か月以降は決まっておらず後日問い合わせをしてもらうようにしています。特に込み合うということはないと思います。

プロテの手術は30分程で終わりますが、プロテ作成に当院はこだわって作っているため急な手術はできません。

検査、プロテ作成にも1時間ほどかかります。作ったプロテは洗浄します。
殺菌消毒して体内に入れるようにするために、機械に5時間ほどいれますので
前日までに準備しないと間に合わないので、打ち合わせしてデザインが決まったらプロテを手術の前までに作っておく、という流れです。

手術自体はすぐ終わります。

シフトが決定していない日程で手術を希望している場合は、仮予約という形で手配を進めることもできます。

銀座みゆき通りクリニック

HP

銀座みゆき通りクリニック

アクセス

最後に

カウンセリングを受けてみて

最初に診察室に入ってみて、とても親切かつ穏やかに話をしてくれるなぁというのが第一印象でした。

説明も丁寧でわかりやすく、途中私が何度か(頭の整理がつかずに)重複した質問をしても、その都度きちんと答えてくれました。

実はこの銀座みゆき美容外科、あまり知らない(というかネットでたまたま出てきた)ままカウンセリング予約をしたので期待していなかったのですが、なんだかとても好印象。

さらには、やはりなるべく詳しく事前検査をした上でプロテーゼを手作業で作成してくれるところに一番安心感というか期待が持てました。

手術はやってみないとわからないからこそ、事前になるべく安心できるドクターにお願いしたいもの。

実は、内心イセアクリニックで受けようかとも思っていたのですが、今現在この銀座みゆき美容外科にかなり惹かれています。

心配性なもので、約1時間ほどかけてカウンセリングを行いました。

また次のクリニックでのカウセ、報告しますね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA